FC2アクセス解析

2015年4月16日木曜日

FTDX1200 VS TS-590 ブログ記事ピックアップ


VS
  

私がFTDX1200を購入するかどうか決めた時に、KENWOODのTS-590を比較対象にしました。
結局、値段的に安く、馴染みのあるYAESUのリグということで、FTDX1200を選びましたが、私以外にも、FTDX1200とTS-590を比較されている方がいらっしゃるようですね!!
私ですか? TS-590は持っていませんが、FTDX1200には今のところ十分満足していますよ。
↓ ↓ ↓

FTDX1200は結構優秀:JA3THLのブログ:So-netブログ

CQ DX ムセン傭兵Qの独り言 kENWOODもTS-590の後継機種を出す ...

KENWOOD TS-590SG(100W) HF/50MHzトランシーバー

USBインターフェイスユニット SUC-17を使用したTS-590のRTTY運用法

TS-590Sを購入: ド素人無線局の雑記帳

YAESU FTDX1200 (100W) HF/50MHz トランシーバー

CQ DX ムセン傭兵Qの独り言 HFの各社のサブ機を検討しました。

2015年4月15日水曜日

Erod AnTENGA MiniWhipアンテナ(非売品)


私の尊敬する無線系のセンパイ友人がMiniWhipアンテナを昨年設計してくれました。
当局に設置しているものについて紹介します。
上の写真は当局のアンテナ設置状況です。
アマチュア無線用のアンテナが近接して設置してあります。
典型的なアパマン状態です。


現在、MiniWhipはV/U共用の八木アンテナをマスト代わりにしてぶら下げております。


このErod AnTENGA MiniWhipの良いのは、VHF帯もカバーしているところ。
CR-1で79.5MHzのNack5をAM受信したところ+40dBと強力です。
(ローカルだから当たり前か、、、、)


2mFMも受信問題ありません。


エアバンドも受信できております。


屋外に設置したプローブ+アンプ部の様子です。
回路・基盤については、友人から供与を受けたものなので、当局へ問合せをしないようにお願いします。当局を介しての友人への質問もお引き受けできません。悪しからず。。。。

電気に詳しい方は、この写真から回路を想像してみてください。


写真にはありませんが、このアンテナは12VDCを同軸ケーブルに重畳させてプローブ一体のアンプに供給します。
したがって、電源部が別途必要になります。

最後に設計者ご本人のErod AnTENGA MiniWhipアンテナです。
男性のナニに着用するアレを使用して防水加工処理がなされています。
ケースも男性のナニを自分で気持ちよくするための道具(使用済み)を流用しているとのこと。
さすが、ヘンタイ、、、、いや、センパイです(苦笑)



このアンテナは市販されていませんよ。。。Commradio CR-1A 新型 ラジオ 受信機 DSP搭載 FM 中波 短波 エアバンド

2015年4月9日木曜日

TECSUN AMループ・アンテナ AN-200 簡単レビュー


TECSUN PL-660 当局は、旅行用のBCLラジオとしてTECSUN PL-660を愛用しています。 旅行にギリギリ携帯可能なサイズのアンテナとして使えるかどうかと考え、TECSUNのAN-200というパッシブアンテナを購入しました。

記事のつづきは、以下のブログ・サイトから↓↓
無線系! アマチュア無線、BCL、ラジオ受信http://fanblogs/gpt/

2015年4月6日月曜日

ApexRadio MW115 可搬型アクティブ式受信アンテナを購入しました

BCL関係の便利なアクセサリ類を販売されているAPEXラジオさんが昨年発売した、ApexRadio MW115 可搬型アクティブ式受信アンテナです。
昨年、旅行用に購入したのですが、ほとんど使っていませんでした。
大きさはパソコンのポータブル外付けハードディスクドライブ程度の大きさです。
BNC接栓がなければ、本当にハードディスクドライブと間違えそうです。


記事のつづきは、以下のブログ・サイトから↓↓
無線系! アマチュア無線、BCL、ラジオ受信http://fanblogs/gpt/